時計好き必見。価格.comの便利な使い方

Watches

 腕時計を選ぶ時の判断基準としてわかりやすいのが”資産価値”です。

腕時計は服と違い、一定の資産価値が認められています。
故に、賢く買うことが出来れば、購入した時の金額と同等、もしくはそれ以上の価値になることがあります。

 ただ、その腕時計の選択が難しく、消費者の審美眼が問われるところでもあります。

「審美眼なんて持ち合わせていない!」

と言う方でも、今回紹介するものを使いこなせれば比較的、リスクを下げるツールがあります。

それは”価格.com”です。

価格.comを使いこなすことが出来れば、買う時のみならず、”売り時”もわかります。
賢く買って、賢く売りましょう。

スポンサーリンク

価格.comの使い方

相場推移グラフの見方

価格.comのリンクはこちら

まずは、窓枠に調べたい。商品の型番なり、モデル名を入れましょう。

今回は「 ロレックス デイトナ 116500LN 白文字盤 」を調べていきます。

この時、文字盤色までは入れなくても大丈夫です。

と言うのも、次のページで文字盤まで選択できます。
次のページへ行くとこのような画面が出てきます。

大事なのはこのの所、現在の相場がどうなっているのか知りたいのであれば、ここは必ずチェックすべしです。

するとこのような画面が出てきます。

画面下の選択で、1ヶ月、3ヶ月、1年、2年前までの相場までさかのぼることが出来ます。
また、あまり使わないかもしれませんが、その上のスライサーで任意の範囲で相場を見ることもできます。

因みに、ロレックスのほかの代表的なスポーツモデルはこんな感じ

単発的な、下落はあるものの、ずっと右肩上がりです。
ロレックスは今のうちに買っておいても損はないと思いますよ。

 その下、スクロールするとこのようなテーブルが出てきます。
グラフではなくテーブルで詳しく見たい方はこちらをオススメします。

また。見逃しやすいのがの所、日別だけではなく直近の値動きを見ることもできます

比較表の作り方

続いて、比較機能の使い方です。
これ、時計好きなら是非とも、比較ページを作成し、ブックマークをしておくことを強くオススメします。

ロレックスの主要、SS(ステンレススチール)スポーツモデルに関しては僕の方で作っておきましたので、是非こちらをご活用下さい。
ご自身でカスタムされたい方は僕のを参考に作ってみて下さい。

サンプルはこんな感じです。
さっそく作ってみましょう。

トップページに戻ってもらって、こちらをクリック。

次のページで左のサイドバーにある「腕時計」を選択。

するとこのような、時計のブランドのリストが出てきますので、比較表を作りたいブランドを選択しましょう。
見つけにくい場合は左のサイドバーがあいうえお順で並んでますので、そこから選択していただいても大丈夫です。

続いて、この画面になると思います。

  1. モデルを選択
  2. 該当商品を選択
  3. 「チェックを入れて詳しく比較」

これで完成です。

← →アイコンで任意の場所に移動可能。
モデル別で固めてあげると見やすくなります。

各項目の▽の部分から不要でじゃまになるものを消すことも可能です。

比較表のメリット

  • 相場推移グラフ、キャリバー、ケース径を網羅的に見ることが可能です。
  • 一度作ってしまえばブックマークかURLを控えておくことですぐに開くことが可能
  • 売り時、買い時が見逃しにくくなる。

ランキングから相場が上がりそうなものを予測しよう

再び、この画面へ

ドロップダウンに「売れ筋ランキング」と「注目度ランキング」というものがあるはずです。
この二つですが、おおむね似たような順番になるのですが、
少し違うラインナップです。
ここでは詳しい説明は省きますが、以下のような認識でおおむねあっています。

・売れ筋ランキング → 今現状売れていて、相場が上がっているモデル。
・注目度ランキング → 注目が集まってきているため、これから売れるであろうモデル、そのため近いうちに相場が上がる可能性があるモデル。

という認識でいいと思います。

つまり、買った時よりも相場が高くなってほしいのであれば「注目度ランキング」で順位が高いものを選ぶと期待値が高いということです。

※あくまでも、期待値なので絶対ではありません。

また今度そこらへんは詳しく解説できたらと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント