「ヤフオク使いこなせてますか?」ヤフオクで狙っているものを逃さない方法&安く入手する方法

shopping

ヤフーオークション略して、ヤフオク
皆さん使いこなしていますでしょうか?
時々見て、欲しい物があれば入札する。それくらいの使い方しかしてない方がほとんどでしょう。

しかし、ヤフオクは非常に便利な機能がいくつかあります。
ヤフオクを使いこなすことで、欲しくてずっと探していた商品が見つかりやすくなります。

この記事を読むことで、ヤフオクマスターになれます。

ヤフオクを解説している記事は意外と少なくこの方法を実践するだけで、欲しかったものをピンポイントで見つけ出し、そして見落とす確率がぐっと減ります。

短めのサクッと読める記事なので少し空いた時間つぶしにどうぞ。

今回の記事は中古品を効率よく探し出す方法です。
新品を安くお得に買いたい方はこの記事からどうぞ

スポンサーリンク

検索条件を保存する

ヤフオクには便利な検索条件の保存する機能があります。
更に新着商品を通知で教えてくれる機能があるため通知が鬱陶しくならない程度に活用しましょう。
たとえ通知を切っていたとしても画像のように新着商品がある場合はキーワードの横に数字の表示がされますので、気になる商品の新着商品はか必ずチェックしましょう。

ブランドのフォローを活用する

これは最近できた機能です。ブランドをフォローすることができてそのブランドのタグが付いているものを一覧で見ることが可能です。

どういったことに使えるかというと、上記で紹介した検索条件の保存は*商品名”にその保存したキーワードが入っていないと表示されません。

アイテムによっては何種類か呼び名がある場合は保存したほうでしか検索に引っかかりません。


例)ハントダービー

例)ドゴール

ブランド名で検索してもそんなに商品ボリュームがないブランドを登録しておくのが効果的でしょう。

出品者をフォローする

優良な出品者は積極的にフォローしましょうこの”優良な出品者”の条件は以下のとおりです。

  • 転売を目的とした出品者ではないこと
  • 実際に自身が使っていたものを販売している方
  • コレクター

転売を目的とした出品者ではないこと
これに関しては言わずもがなですが、上記の出品者の場合定額での出品が多いい、もしくはオークション形式だが仕入れ値を割らない額がスタート値の場合が多く、お得感がほぼない(相場よりも高い値段が多いい)※例外あり

実際に自身が使っていたものを販売している方
一概には言えませんが、自身が使っていたものを出品されている方は「捨てるくらいなら売ってしまえ」という意識の方が多いいのか、比較的安く変える印象です。また当時ハマっていたブランドを何点も出品されている方も多く、案外ブランドの統一感などもあります。上記で説明した保存した検索条件には引っかからないようなキーワードで商品名をつけている方も多く、掘り出し物にめぐりやすいです。優良な出品者を探し出しましょう。

サジェストされる商品を管理する

サジェストされる商品とは、ヤフオクのホーム画面上に出てくる”おすすめ商品”のことです。
この機能ですが結構、精度が高く、保存したキーワードに引っかからなかった商品を表示させてくれることも非常に多いいです。このとき、そういった商品をただ見るだけではなく、出品者情報もか必ずチェックしましょう。出品者が自分と趣味が合いそうな商品を数多く出品されている方ならこのとき必ずフォローしましょう。

また、サジェストされる商品のクオリティを下げないためになるべく自分の興味が無いキーワードでの検索は控えましょう。仮にそういった商品の閲覧履歴を作ってしまった時は後で必ず削除しておきましょう。

オークションが終わる10分前まで入札を入れない

これは、狙ったアイテムを少しでも安く買う技術です。ヤフオクで終了時間がまだ数日残っているのに入札をたくさん入れてしまうのは得策ではないでしょう。
なぜなら、ヤフオクは入札などがたくさん入れば入るほど上位に表示されてしまうからです。上位に表示される時間がながければ長いほど、それだけプレビュー数が増え、ライバルが増えてしまいます。
欲しいアイテムほどグッとこらえ終了10分前くらいから入札を入れていくのが利口でしょう。

自動入札機能をできるだけ使わない

自動入札は一見便利な機能ですが入札側の購買意欲を煽る非常にうまくできた機能だと思います。
あともうちょっとだけ、あともうちょっと→自動入札→どこまで自動入札されてるんだろ
と気になって入札してしまう上手くできた機能です。
よくよく考えてみればわかるのですが、販売者側は少しでも高く売りたいわけなので、入札が集まらない朝やお昼なんかを終了時間に設定しません。なので夜の10時前後に設定されていることが多いいので、特殊な職場化環境の方以外はあまり使わないでいいでしょう、最低上乗せ単位での入札のみで大丈夫でしょう、それを徹底することで少しでも安く落とせる確率が上がります。

以上です。
皆さんのお買い物ライフが少しでも豊かになればと思います。

コメント