30代手前、服好き男性のアイウェアコレクション

Eyewear

 メガネ、アイウェアって、ファッションが好きな人でもあまり拘っている人が少ない印象を筆者は受けています。

その理由は、「選び方が難しい」という思い込みから来るものではないか。

というのも、「視力を図り、眼科に処方してもらって、自身に合ったレンズを作る。」

という工程 自体に敷居を感じてしまっている方が多いいと思います。
(実は、眼科で処方してもらわないといけないというわけでもありません。その話はまたいずれ)

もちろん眼鏡は服と違い、医療器具の側面を持ち合わせていますので、あながち間違いではないのですが、最近ではデザインに富んだものが豊富になり、また、ヴィンテージなどのクラシックブームもあいまって、メガネ自体のあり方も少しずつ変わっていっているのではないか。


そのため、今、まさに、ファッション同様にメガネでも個性が出しやすい環境に周りがなっていっています。

映画「ティファニーで朝食を」より
出典:https://www.fashion-press.net/news/52160

それなのに、堅苦しい選び方ばかりされている印象がメガネにはあります。

 「メガネももっと自由に選んだらいいではないか。」

フォーマルな場に合わせたいのであれば、メタルフレーム。

カジュアルウェアなら少し太めの、プラスチックフレーム。

顔に威厳を持たせたいのであれば、サーモント。

フレンチヴィンテージをお召しになられているのなら、メガネも同様に…

と、非常に選択肢が多く、ファッション同様に楽しるようになっているはずです。
そして、お顔に非常に近い位置にあるものなので、メガネ一本で大きく自身の印象を変えられます。

今回の記事では…

それぞれのメガネ、なぜこれを買ったのかと言う所にも軽く触れていきいますので、の選び方が分からない方など是非とも参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

マイ アイウェア コレクション

No.1 白山眼鏡 純銀一山 (ROUND)

白山眼鏡 純銀一山 (ROUND) ¥ 69,300 (tax in)

シルバー925で作られた、贅沢なフレームです。

公式サイトはこちら

僕はファッションがクラシックな雰囲気に傾いておりますので、それに合わせられるような、メタルのラウンドフレーム(丸いフレーム)探しておりました。

実際に、50年代、60年代などのヴィンテージの物も視野に入れており、取り扱い店舗に試着などもしに行きましたが、僕の顔にはどうも小さすぎるクラシックフレームは似合いませんでした。

自分に似合うラウンドのメガネはないのかと探していて白羽の矢が立ったのがこのモデルでした。レンズ幅が43㎜と一般的には小さい部類に入ると思いますが、かけた時には小さすぎるということはなく、自身の理想の大きさにばっちりはまりました。

細かいメガネの仕様、綺麗さというよりも完全にカッコよさで買ったモデルです。

今度は、彫刻入りのボストンタイプをリピートしようかなとひそかに思っております。
値段は高いですがそう、思えるほど素晴らしいシリーズです。

No.2 guepard(ギュパール) gb-05

guepard / gp-05 \29,700(tax in)

フレンチヴィンテージを代表するフレーム、パリジャン。
(フレンチアーネルとも呼ばれる場合がある)

フレンチなファッションをするときはとりあえずこれ。
天地幅があるフレームで意外と日本人の顔なじみにいい気がする。

オリジナルのヴィンテージは手が出しにくい値段になるほど高騰しちゃいました。

ただ、オリジナルと比べてもこちらのメガネ非常にクオリティが高く、もうこっちでいいんじゃないかと思い始めました。
プラスチックフレームは必ず寿命がきてしましますし、こちらだとストックもできる値段。

サイズ感や、ヴィンテージフレームによくある「鼻に乗らなくてずれてきちゃう」も解消されており、メガネ初心者でも選びやすい。

オススメです。

No.3 フルオーダー クラウンパント

フルオーダーで初めて作ったメガネです。

元ネタはこちら、

ただ、元ネタはアセテート、ただコピーするだけだとつまらないのでセルロイド製でアップデートしました。
値段はフレーム+レンズあわせて7万円くらいで、フルオーダーだと破格の安さだと思います、

レンズ幅は小さく、ただしフレームの厚みはしっかりと持たせました。

手持ちのメガネで最もレンズが小さくクラシックな雰囲気がカッコいいです。
服もクラシックなスタイルやヴィンテージが多いい僕にとってはかなり重宝しています。

オーダーした場所はこちら

HOME | 布施にあるオーダーメイド眼鏡専門店 グラステーラー
こちらは布施にあるオーダーメイド眼鏡専門店 グラステーラー のHOME ページです。布施にあるオーダーメイド眼鏡専門店 グラステーラー は、「完全オーダーメイド」のオリジナルメガネ専門店です。 一本、一本、職人による手作りで丁寧に作り上げます。世界に一つ、あなただけのメガネをお届けいたします。

関西在中の方は是非足を運んでみて下さい。

No.4 OLIVER GOLDSMITH VICE-CONSUL S

OLIVER GOLDSMITH VICE-CONSUL S ¥38,500(tax in)

丸系のメガネの手持ちが多いいので、スクエア型が1本欲しいなと思い探していた時に出会ったのがこのフレーム

「スクエア型で、尚且つ自分らしさが出せる物」
と考えていたらやっぱり太セルがいいな、ということでこれ

ぶっちゃけ、手持ちのメガネの中だとダントツでかけやすくい、顔をグッとしかりと掴んでくれている感覚がある。

ただ、難点はレンズ幅が大きいいので、強度数な僕のようなひとがかけるとレンズ端が結構ゆがんでしまう。

ただ、その堅牢な造りからくる丈夫さとかけやすさから、部屋でかけていることも多いい。
結果、登板頻度も手持ちのメガネの中で最も多いい。

No.5 金子眼鏡 KC-18

金子眼鏡 KC-18 \33,000(tax in)

形は定番のボストンタイプ、フレームのバランスがすごく日本人向きと言うか、とにかくかけやすいバランスです。

僕が初めて、おしゃれなメガネをかけたいと思って購入した1本で、僕をメガネの沼にはめた張本人です。

セルロイド製、ノー芯(テンプルに芯材の金属が通ってない)で見ていても美しいです。

値段も上記で紹介した中では比較的、買いやすい値段です。価格とクオリティのバランスが非常に優れていて、ファスト系(ジンズやゾフ)などと比べても長く使えるもと捉えると、コストパフォーマンスはかなり高いと言えるかと

プラスチックフレームのメガネで何を買ったらいいか迷っている方にもオススメできる間違いない1本だと思います。

最後に

購入品増えていくたびにまたちょくちょく更新していこうかなと思います。

コメント